農薬と肥料のプロがつくった新しい農業管理アプリ

  • 今までは

    畑は関係なく画一的なスケジュール

    決まったスケジュールの送受信は出来ても苗の状況に合わせたスケジュールの変更は技術力のある指導員さんや肥料店さんのご協力が無ければ難しい農業者が自分で考察できない。
  • ミスターカルテでは

    自分の畑にあわせた栽培スケジュール

    Mr.カルテ内のナビ機能や、畑の先生(サービス開発中)を通じて、生物学的な理論に基づいた、目的・症状別に農作業の変更方法の情報が見れるから、農業者自身が考察して、自分の畑にあわせて栽培スケジュールをカスタマイズできる!
Mr.カルテはここが違う

Mr.カルテはここが違う

  • 収穫量ゴールを設定できる
  • 収穫量ゴールを設定できる。
    結果にこだわった栽培につながる。

    良い肥料、よい農薬を使って「根が増えた」「葉が旺盛になった」と感じられても、実際の収穫量につながらなければ、継続利用は難しいですよね。Mrカルテでは、収穫量と利益のゴールを設定し、毎日の収穫量をチェックできるから、 続けるモチベーションにつながる、農作業や肥料・農薬の改善点探しに自然と積極的になれる結果にこだわった経営体質に。
    Mr.カルテの機能一覧を見る
  • 農作物の現状を生物学的に整理するINGEN式分析
  • 農作物の現状を生物学的に
    整理するINGEN式分析

    「マニュアル通りに環境制御しているはず」「土壌分析を使って肥料バランスは保っているはずなのに、毎年同じ病気や生理障害で悩まされている」ということはありませんか? 農作物や畑にも人間と同じように体質があります。INGEN式分析では畑・農作物の症状から生物学的な観点で原因を整理し、対策します。
    Mr.カルテ式分析についてもっと詳しく
  • 農薬散布方法や肥料を提案してくれる
  • 農薬散布方法や
    肥料を提案してくれる

    実際に収穫量や収益、病害の発生状況から課題が見えてきても、課題にあった肥料、農薬、土壌改良材の選び方△月頃にがわからないことはありませんでしたか?業界初の「病害対策ナビ」では、 対策したい病害虫別・効果や成分別に、農薬・肥料の情報を表示・提案。症状や目的に対し“何をすべきか”みえてくる!あなたの栽改善の判断をサポートします。
    Mr.カルテを無料で試してみる

もちろん基本機能は標準装備!今後も魅力的な機能、続々追加予定。

  • 薬散潅水 農薬系統

    農薬系統アイコン付き

    動作用の農薬連用を防止するため、 わかりやすく系統アイコンを表示!
  • 栽培指示 水量設定

    収穫量・水量は単位設定OK!

    コンテナ・パックあたり重量(kg)や、分当たり水量(L)を設定できるので、 パートさんでもラクラク入力
  • 単位ラクラク 専門コーチ

    マンツーマンのオンライン添削

    「高糖度ミニトマト」「〇○病改善土壌改良」など、専門コーチ あなたのカルテを添削。マンツーマンで作業スケジュールの見直し提案します。(オプション料金)
  • 栽培指示 スケジュール送信

    スケジュール丸ごと送信できる!

    大きな農場内での作業指示や、営農指導の際、コメントと一緒に スケジュールを丸ごと送信できます。
  • 写真で肥料名登録 肥料情報のデジタル化

    肥料情報のデジタル化もお任せ!

    Mr.カルテのデータベースにない肥料をお使いの方も、写真をアップロードすればデジタル化&保証成分などの情報と連携!
  • 写真で病害虫診断 他との違い

    この症状は一体何病?というとき。

    写真と簡単な問診・カルテの履 歴から、ベテランの普及員・研究員OBが病害・ 生理障害を判別します!万が一、新病・珍病であったときも安心。 (千葉大学病理学研究室による検体診断の体制)
Mr.カルテの機能をもっと詳しく

Mr.カルテを活用中の農場

千葉県 がいやファーム横田文人さん

千葉県 がいやファーム 横田文人さん

千葉県でイチゴの生産を始めた横田さんは、はやくから環境制御ハウスの導入し、収穫量UPを図ってきました。「栽培指導もする立場となり、いろいろな栽培条件のほ場の面倒を見るようになりました。すると、ほ場ごとの癖や元々の農地では考えられなかった症状に悩まされ、単純な施肥計画にヒントが欲しい時があります。」 INGENは忙しい農業者に代わって、作物の症状や目的から、どんなアプローチがあるか、農業者の正しい判断を補助する存在として、農の相棒Mrカルテを育ててまいります。 導入事例一覧を見る

多くのメディアに掲載 受賞多数!

  • 日経
    2018年1月31日
    【南関東・静岡版】
  • 農業ビジネス
    vol.26 2019夏号
  • 千葉県知事賞
    CHIBAビジコン 優勝 ITEC賞
    2018年1月30日
  • 日本政策投資銀行
    DBJ女性新ビジネスプラン
    コンペティション
    2019年3月6日
  • Mr.カルテ
  • 料金プラン

    共同出荷・直売併用の時代だからこそ。
    所属や規模に合わせてプランをご用意しました。

ONE

まずはMr.カルテのお試しに。無料でほ場1つ分をお使いいただけます。

1経営体で1アカウントのみ

グループ

複数のほ場を管理したい方、仲間同士で栽培情報を共有したいグループや、生産部会さんに。

bizプラン

営利目的(※)でご利用をお考えの肥料商・種苗店様や農協営農指導部様に。

BIZプランについて-栽培コンサルとして直接報酬をもらう形態に限らず、営農指導や農資材の販促等にご活用する方を含みます。
管理できるほ場数 1ほ場 2ほ場~ 小規模30ほ場
ユーザー権限※ 管理者1名のみ 管理者・栽培リーダー・作業者
ナビ機能 Open Close
お悩み別
お勧め肥料・農薬情報
ほ場管理 Open Close
栽培条件 有料
土作り・薬散・
潅水追肥・管理作業の
スケジュール
実績記録 Open Close
作業
病害虫発見
収穫量・単価
水やり量
カルテ(分析)機能 Open Close
薬散・病害発見分析 ×
収穫量目標表示 ×
各種履歴エクセル
ダウンロード
グループ内栽培指示機能 Open Close
土作り・薬散・
潅水追肥・管理作業の
スケジュール
コメント送信
×
農資材PR機能 Open Close
PR掲載基本機能 × × 有料
レコメンドバナー
ライティング作成
× × 有料
農資材の使い方
Q&A編集
× × 有料
ナビ画面で
PR情報を閲覧
農資材の使い方
Q&A閲覧
×
病害流行情報 (開発中、2020 早春) Open Close
周辺地域での病害虫
発見件数の表示
病害流行情報 (開発中、2020 早春) Open Close
写真で診断 有料 有料 有料
検体診断 有料 有料 有料
過去の診断例
閲覧
※ユーザー権限には3つの段階があります。管理者:すべてのほ場の編集・履歴の閲覧可能。栽培リーダー:割り当てられたほ場の編集・履歴の閲覧可能。作業者:作業の実績登録のみ。詳しいユーザー権限の使い方はこちらをご覧ください。

◆ほ場の数え方

1ほ場=1品種。多期作・多毛作対応しています! ほ場使用期間がかぶっていなければ1ほ場としてカウントされます。
ほ場の数え方

◆アカウント・ユーザーの考え方

ONEプランは、一人で使うことが前提ですので、ログイン後ユーザーを増やすことはできません。その他プランには以下のようなユーザー権限があります。
  • 畑の先生

    契約した農場にのみ、ほ場情報・スケジュールの閲覧・編集と病害発見報告の閲覧→対策指示、作業指示、記事投稿が可能です。
  • 管理者

    管理画面からユーザー登録、(太字)すべてのほ場の(太字)管理、スケジュール編集、病害発見の報告・閲覧→対策指示、作業指示ができます。また、(太字)畑の先生に対して見せたくない情報閲覧制御(太字)ができます。
  • 栽培リーダー

    管理画面から割り当てられたほ場の管理、スケジュール編集、病害発見報告の閲覧→対策の登録、栽培指示、作業登録ができます。
  • 作業者

    登録されたスケジュールの完了報告・臨時作業の登録、病害発見報告が可能です。

新着情報

新着情報一覧へ

INGEN NAVI

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください お問い合わせ
ファムSキッチン

現場が必要とする情報を。あなたのほ場にあった肥料・農薬情報を

INGENの創業者が千葉大学園芸学部在校時はまさに農業IT黎明期。植物工場などの最新の技術情報に触れ、農業者である実家に戻ったとき、「現場でつかえない」ということに歯がゆさを感じ、”だったら現場に必要とされている情報を提供する相棒のような存在になれるITを作ろう”と立ち上げた会社がINGENです。
農の相棒Mrカルテを開発するため、自らも肥料商となり、特定の症状でお悩みの農業者に肥料の組み合わせからアドバイスするサービスを行い、その経験を生かして形にしました。
そんな中で、気が付いたことは、同じ症状のお客様でも、畑の状況によって、選択すべき肥料や農薬は変わってくるということ。
収穫量UPには、”これさえ使えば”という近道は存在しません。
その作物が必要としているものを、必要な時にバランスよく与えることが重要です。
Mrカルテでは、症状・目的から、お勧めの農作業や肥料・農薬情報を提供するナビ機能があります。
ぜひあなたの栽培改善の補助ツールとして、Mrカルテをご活用ください。